HOME > 国内 -Domestic-

国内 -Domestic-


旬の食材を旬の産地より

安心で安全な、「生産者の顔が見える」農作物づくり

南九では、’87年から鹿児島大隅半島の豊かな自然の中で、農作物の栽培を手がけてきました。その当初から「食の安全」をテーマに地元の生産者の方々と連携し、農林水産省が食品トレーサビリティのガイドラインを策定する以前から、「生産者の顔が見える」農作物づくりを実践し、多くのお客さまにご満足いただいております。
 

高品質で安全な野菜をめざして

平成16年度より施行された「特別栽培農産物」に関する新表示ガイドラインでは、地域の慣行レベルに比べて化学合成農薬の使用回数、使用量、及び化学肥料の窒素成分量を5割以上減らして栽培されたものを「特別栽培農作物」と呼びます。私たちの生産する農作物は、このガイドラインの基準をクリアし安全性を保つのはもちろん、さらに自然環境への負担軽減にも配慮し、質の高い野菜づくりを目指しています。
 

南九州の豊かな自然の中で・・・。

豊かな自然に恵まれた南九州を中心に、ごぼうや馬鈴薯などの国内野菜の栽培を行なっています。また、メークインの一部は、温暖な沖永良部島でも栽培しています。
私たちの手がける野菜づくりにおいては、「生産者の顔が見える」農作物を心がけています。各生産地では、厳しい品質管理のもとに、消費者の皆様に選んで安心して食していただける、質の高い野菜づくりを目指しています。